留学レポート フィンランド留学を終えて


留学前には10か月は長いのかなと思っていたこともありましたが、とても短かったです。
後から振り返ってみると、いろいろもっとやっておけばよかったななど思うこともあります。しかし、一生忘れることのできない素晴らしい一年になりました。

この留学ではたくさんの友達ができました。フィンランド人の友達だけでなく、フィンランドに来ていた世界中の留学生たち、また日本から世界中に留学して行った日本人の友達、ほんとに数えきれない人達に出会いました。

Vanhojen tanssitの時

この10か月間で特に記憶に残っているのは2月にあったvanhojen tanssit と言われる二年生のためのプロムとは少し違う、ダンスパーティーのようなものです。
日本にいては着ることがなかっただろうきれいなドレスを着てダンスを踊って、おいしいご飯をレストランで食べて、アフターパーティではノリのいい音楽に乗って激しく踊りました。
みんなそれぞれ自分の選んだドレスを着ていて本当のお姫様みたいですごかったです。朝から夜までとても長い1日でしたが、あっという間に終わってしまいました。

また帰国の2週間前に夏休みが始まりました。その2週間の間に友達の家に泊まりに行ったり、rippijuhlaと言われる大きな行事があったりして忙しかったですが、とても濃い時間を過ごしました。
1か月が経って、フィンランドにいたころには毎日のように会っていた人たちと全く会えないことに違和感を感じ会いたいな、と思っています。
ホストファミリーや友達に会うためにもいつかフィンランドに行きたいとも思っているし、フィンランドだけでなく色々な国にいる友達に会いにその国にも行きたいと思っています。

フィンランド人の友達に浴衣を着せた時

また、今回の留学を通して日本人以外の人と様々な分野についてたくさん話す楽しみを知りました。
これからも色々な国の人と関わる機会があれば積極的に参加していきたいなと思いました。

2016年8月 ボランティア奨学金 奨学生
AFS62期 フィンランド派遣 / 鈴木 彩世

> AFSボランティア奨学金 寄附のお願い

> 留学中のレポート フィンランドで仲良くなれた

他の留学レポートを見る