AFS友の会チャリティコンサート レポート

第8回AFS友の会チャリティーコンサート

「楽器の音に魅せられて~ヴィオラとホルン~」

2012年10月20日(土)、爽やかな秋晴れの週末、雙葉学園同窓会ホールにおいてAFS友の会チャリティーコンサートが開催されました。会場は四谷駅からほど近い雙葉学園の校内にある同窓会ホール。清らかな、やさしい雰囲気の漂う中、ヴィオラ(安藤裕子さん)、ホルン(阿部 麿さん)、ピアノ(金井玲子さん)の三つの楽器による曲目が演奏されました。

ヴィオラ、ホルンはオーケストラや室内楽ではお馴染みの楽器ですが、ともに独奏楽器として演奏を聴く機会はあまりありません。今回はこれらの楽器のために作曲された作品にこだわって選曲されています。ホルン奏者の阿部さんはベートーベン時代の旧式のホルンを持ち込まれ、ホルンの起源や進化、現代と昔の違いなど、とても興味あるお話をしてくださいました。寛いだ、フレンドリーな雰囲気でAFS友の会ならではのコンサートでした。

ヴィオラは心の奥に染み入る繊細で、しかも芯の強さのある音色、そしてホルンは心に広がってゆくあたたかい音色で、対照的なふたつの音色の楽器を充分に味わい、楽しむことのできた素晴らしい演奏会でした。

演奏者:安藤裕子(ヴィオラ)

東京藝術大学修士課程修了。第3回日本室内楽コンクール第1位。ヴィットリオ・グイ国際室内楽コンクールデュオ部門最高位。東京藝術大学、洗足学園非常勤講師。芸大フィルハーモニア首席奏者、紀尾井シンフォニエッタ東京のメンバー。

演奏者:阿部 麿(ホルン)

国立音楽大学卒業、桐朋学園大学研究科終了。第17回日本管打楽器コンクール最高位、第71回日本音楽コンクール第1位受賞。東京交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団などと共演。2000年より小澤征爾音楽塾オペラプロジェクト、サイトウキネン・オーケストラに参加。現在、国立音楽大学および同付属高校非常勤講師。

演奏者:金井玲子(ピアノ)

東京藝術大学大学院を経て、ミュンヘン国立音楽大学マイスタークラス修了。第3回日本室内楽コンクール第1位。第17回ヴィットリオ・グイ国際室内楽コンクール第2位。東邦音楽大学講師。

演奏曲目:

Mendelssohn
メンデルスゾーン
Sonata in C minor for Viola and Piano
ヴィオラソナタ
Beethoven
ベートーベン
Sonata
ホルンソナタ
Schumann
シューマン
Adagio and Allegro
アダージオとアレグロ
Schumann
シューマン
Fairy Tale Pictures
おとぎの絵本

アンコール曲:

Bach
バッハ
Jesus, Joy of Man’s Desiring
「主よ、人の望みの喜びよ」

尚、収益金は東日本大震災復興支援のためのAFS活動に寄附させていただきました。


AFS友の会では、講演会やチャリティコンサート、
ボランティア活動などのイベントを行っています。
tomo@afs.or.jpにご氏名、AFSとの関係をご連絡ください。
AFS友の会のイベント情報を、メールでお知らせします。