留学レポート アメリカで感じた日本との違い


私がアメリカに来てまず感じたことは、アメリカは本当に沢山の人種が混ざった国家だということです。日本の学校はみんなが日本人、みんながアジア系といった環境でしたが、アメリカで私の通っている学校は三分の一白人、三分の一黒人、三分の一が外国人(両親が海外出身)といったような感じで私が外国人といっても誰も驚く人はいませんでした。

日本の学校に留学生が来るとみんなが珍しがり、興味を持ち、みんなが話しかけに行くといったイメージがあったので、アメリカでも留学生だといったら友達作りにはあまり苦労しないと思っていました。でも実際アメリカの学校に行ってみると外国人だと言っても誰も珍しがらない、あまり話しかけられないといったように驚きの連続で、自分から話しかけないと誰もかまってくれず、孤立した状態になりそうでした。
しかしクラスでグループ活動や、放課後の課外活動に参加していくにつれてだんだん友達も増え、今では身近に信頼できる友達も出来ました。

そして私が感じたことは、アメリカの高校生は日本人よりも自立しているということです。アメリカの高校生は運転でき、仕事ももっていて、高校生でも18歳になると投票できます。日本の高校生は勉強に専念していますが、アメリカの高校生は大人になる準備を高校生からしていると感じました。
私も実の両親から離れて暮らすことで、自分のことは自分でする癖がつき、お金の管理も自分でし、出発前よりかなり自立できたと思います。

また自分の国から離れることで外国人からの日本のイメージなども知ることが出来ました。私が広島出身だというと、よく原爆について聞かれました。
幸い私の学校で沢山そのことについて学習したため質問に答えることができましたが、AFSの国際会議などに行ったときにもう少し日本のことを勉強しておくべきだったと思いました。

AFS国際会議で他国からの留学生と

はじめは、友達と話すときも英語の間違えをするのではないか、などといった心配が先走り、引っ込み事案になりがちでした。しかし、やはり何ヵ月も自分の言いたいことがいえないのはかなり辛いと思い、間違えながらもホストファミリーに一日の事を話したりしてみるうちに、だんだん英語で話す事が苦にならなくなったような気がします。

ホストファミリーとも自分が思っていたより沢山の問題がありました。私はホストファミリーからいつも怒鳴られているような感じがし、AFSのLPさんに相談したところ、自分で不愉快なところがあるなら、難しくても相手に伝えないといけない。伝えなければ相手も直しようがないというアドバイスを受けました。
私は嫌なことがあると相手に言わず、そのまま自分の中にためてしまう癖があり何日も悩んでいたのですが、悩んでいても何も変わらないと思い、思い切って両親に伝えることが出来ました。今まで私が出来なかったことなので、一つ自分の殻から抜けられたような気がしました。とても勇気はいりましたがいい経験になったと思います。

2012年3月 アメリカより
AFS58期生/広島市高校生交換留学生奨学生 村上 絢